データ見える化!自作BIツールでデータ分析!~Power BI Desktop スライサー編~

データ見える化!自作BIツールでデータ分析!~Power BI Desktop スライサー編~

皆さん、こんにちは!

今回は前回の続きとして「スライサー」機能を用いた情報の絞り込みを行いましょう!

前回の記事は以下のリンクから!

スライサー機能を使ってみよう!

今回用いるのは「スライサー」機能です。

この機能を用いると、データの「フィルタリング(絞り込み)」を行うことができます。

Microsoftの公式解説はこちらから

完成品をイメージしよう!

今回は「市町村の一覧から特定の市を選択する」→「その市に存在する幼稚園のみマップに表示する」動きを作ってみましょう。

完成品は下図のようなイメージで、下図の左側のチェックボックスが「スライサー」です。

手順

では実際に反映させてみましょう。

① スライサーボタンをクリックし、スライサーをボードに挿入する。

② ボードに挿入されたスライサーをクリックした状態で、フィールドに「市町村名」を選択する。

すると、スライサーに市町村一覧のチェックボックスが表示されたかと思います。

スライサーの挿入自体は以上です!とっても簡単ですね!

チェックボックスは複数選択できる

このスライサーのチェックボックスですが、複数選択する事もできます。

Ctrを押しながらクリックすれば複数選択が可能です。

複数選択させたくない場合は?

こちらは下図の「選択範囲のコントロール」から設定可能です。

意外と重要な設定ですので、覚えておくと良いです!

1:単一選択

こちらを「オン」にすると、スライサーのボタンが「ラジオボタン」になり、単一選択しかできなくなります。「オフ」にすれば「チェックボックス」になり、複数選択ができるようになります。

2:Ctrキーで複数選択

上記の説明では「複数選択はCtrを押しながら…」と言いましたが、Ctrを押さなくても複数選択ができるような設定があります。

こちらを「オフ」にすれば、Ctrキーを押さなくても複数選択ができるようになります。

3:[すべて選択] オプションを表示する

チェックボックスを「すべて選択」「すべて解除」が設定できる機能を表示/非表示する設定です。

まとめ

今回は「スライサー」の使い方についてご紹介しました!

ほかの記事は以下から読むことができます!

ではまた!

本日のAmazonおすすめ_Top10

2024-02-27 11:20:01時点