データ見える化!自作BIツールでデータ分析!~Power BI Desktop バブルチャート編~

データ見える化!自作BIツールでデータ分析!~Power BI Desktop バブルチャート編~

皆さん、こんにちは!

今回取り扱うテーマは「バブルチャート」です。

あまり聞き馴染みのない方もいらっしゃるかもしれません。

バブルチャートを用いると、地図の「位置情報」に対して、「大きさ」も表現する方法を指します。

まだイメージが沸かないかもしれませんが、一緒に手を動かしながら作っていきましょう!

完成品をイメージしよう!

上記で説明しましたが、バブルチャートを用いると、地図の「位置情報」に対して、「大きさ」も表現することができます。

下図、右側がバブルチャートの例です。B地点が値が大きいことが一目でわかりますよね!

初期状態

前回までの記事を一緒に進めている方だと、以下の様なボードが出来上がっているはずです。

前回までの記事は以下のリンクから。

今回のバブルチャートですが、既にボードに表示済の「マップ」機能を用いて表現することができます。

手順

では実際に反映させてみましょう。

①ボードに表示している「マップ」をクリックします。

②項目「サイズ」に対して、「定員」をドラッグ&ドロップします。

以上でバブルチャートが完成します。

マップがどのように変化したか確認しましょう!

バブルの書式設定について

どうでしょうか?以下の様に変わっているかと思います。

データ数が多いので分かりにくい…と感じられたら、地図を拡大縮小したり、「スライサー」を用いてデータを絞り込んだりして確認してみましょう。

ここで、バブルの書式設定についても少し触れていきます。

バブルの「サイズ」を変更したい

書式タブの「バブル」からサイズを変更することができます。

バブルの「色」を変更したい

書式タブの「データの色」から色を変更することができます。

数値によって「色」の濃さ・種類を変更したい場合

こちらは利用用途が多いかと思います。

書式タブの「データの色」から色を変更することができます。

(例)定員数の値が大きい程「」、小さいほど「」にする。

①「関数ボタン(fx)」をクリックします。

②「基準にするフィールド」のドロップダウンリストをクリックし、「定員」をクリックします。

以下の様に変わっていればOKです。

③最小値、最大値の色を設定します。

④最後にOKをクリックします。

いかがでしょうか?以下の様に地図が変わっていれば完成です。

色が付くと、値が大きい場所がより確認し易くなりますよね!

まとめ

今回は「バブルチャート」についてご紹介しました。

色を付けるなど、小さな工夫で伝わりやすさが全然違ってきます。

是非活用して下さいね。

ほかの記事は以下から読むことができます!

ではまた!