海外旅行 | UQMobileを海外でも使うには?~高額請求を防ごう~

海外旅行 | UQMobileを海外でも使うには?~高額請求を防ごう~

みなさん、こんにちは!

今回はUQMobile契約者が海外旅行に行ったとき、インターネット契約をどうするかについて調べました。

なぜ海外旅行でインターネット金額が高額になるのか?

「海外旅行から帰ってきたら、携帯会社の請求額が大変高額になっていた」

誰もが1度は聞いたことがあるかもしれません。なぜでしょうか?

基地局とデータローミング

日本でスマートフォンを利用する場合は、日本の基地局の電波を通して通信を行っています。

この場合、あらかじめ我々が加入している契約(使い放題など)に基づき、月額の携帯使用量が請求されます。

では、日本から出た場合にはどうなるのでしょうか?

一部の機種に関しては「データローミング」という機能が備わっています。

これにより通信キャリアのサービスエリア外(≒国外)で通信しようとしたとき、提携する現地キャリアの通信網を代わりに利用することができるようになります。

しかし、海外の基地局の電波を利用した場合、日本で適用される契約は適用されず、使った分だけ(≒従量課金制)請求されることになります。

これが高額請求につながる原因の一つです。

※ 非常に分かりやすい記事がKDDIより発信されています。

高額請求を防ぐには?

iphoneの場合、旅行に出る前に以下の設定を確認しておきます。

iphoneの設定>モバイル通信>主回線 を選択し、データローミングをOFFにしておきます。

これにより、サービスエリア外で現地キャリアに勝手に切り替わることはありません。

Androidに関してはサムライWifiさんの方でご紹介があるようですので割愛します。

国内でローミングを使うこともないですし、海外でも高額請求を防ぐためにも、事前に「常時OFF」で良いかと思います。

UQMobile世界データ定額 を 使う

今までは海外旅行時にポケットWifiをレンタルすることが普通でしたが、最近はUQmobileで事前契約するだけで通信できるようなサービスまであるとのこと。便利ですね~。

※ こちらはデータローミングの機能を使うため、ローミングをONにする必要があります。

※ 以下が公式サイトのマニュアル(ver20230626)です。

例えば台湾旅行を想定した場合、早割りで申し込むと1日490円で利用できます。

またテザリングも対象のようなので、何かと安心ですね!

注意点

注意点としては以下の点です。

・世界データ定額でご利用の通信量は、「くりこしプラン+5G」の月間データ容量やデータチャージのデータ容量購入分から消費する。

・通信制限の枠は国内の契約を引き継ぐ。つまり、海外旅行時に既に通信制限で128kbpsしか出ない場合、世界データ定額を契約しても通信制限のままのようです。

・1日3GBの通信料を超えると、次の24時間開始までに送受信最大1Mbpsになる。

まとめ

今回は海外旅行時のインターネット事情について調べました。

au系列で携帯を契約している方々は是非検討してみてください!

ではまた!

本日のAmazonおすすめ_Top10

2024-05-22 20:40:56時点