伝わる!簡単!マニュアル作成時短術!(Win版)~画面キャプチャ他~

伝わる!簡単!マニュアル作成時短術!(Win版)~画面キャプチャ他~

こんばんは。
本日も『伝わる!簡単!マニュアル作成時短術!(Win版)』をご紹介します。

初めて読まれる方は、こちらもご参照ください。

本日の記事では以下の技術を習得できます。

① Onenote機能を用いた特定範囲のプリントスクリーン

② ZoomItとPrtScnの合わせ技(応用編)

では、以下にまとめていきます。

Onenote機能を用いた特定範囲のプリントスクリーン

以前の記事で、プリントスクリーン(PrtScn)キーを用いた画面キャプチャ方法をご教示したかと思います。

実はもっと便利なコマンドがあります。

このコマンドを使えば、マウスのドラッグ&ドロップで特定の範囲だけをスクリーンキャプチャすることができます。

 [Win] + [Shift] + [S] : 特定の範囲をスクリーンキャプチャ

こちらのコマンドは Microsoft OneNoteのショートカットです。

Windowsには標準搭載 且つ アプリの起動をしなくてもショートカットは利用可能 です。

本当に便利なコマンドですので、是非活用してみてください。

ZoomItとPrtScnの合わせ技(応用編)

私が愛用しているソフトを紹介します。

マニュアルを作成する場合、

① 画面をキャプチャする

② パワーポイントとか、ペイントに画像を張り付ける

③ 文字や矢印を描きこむ

といった流れで作業されるかと思います。

マニュアル以外でも、問い合わせとかで、「ここ!」と矢印マークを付けたいときも同様ですね。

正直、私はこの作業自体も手間に思っていました。もっと簡単にできないものか???

そこで見つけたのが以下のアプリです。

Microsoftのサイトからダウンロードすることができます。

ZoomIt

https://docs.microsoft.com/ja-jp/previous-versions/bb897434(v=msdn.10)?redirectedfrom=MSDN

使い方は簡単!

[Ctr]+2を押下することで、その時表示されている画面の状態を維持したまま、マウス操作で線を描きこむことができるソフトです。

[Ctr] + 2 からの [Ctr]+ドラッグで【赤い四角】[

[Ctr] + 2 からの [Ctr]+[Shift]+ドラッグで【赤い矢印】

私が紹介したいのは、この後の操作です。

前述で記載した Onenoteの機能を用いた特定範囲のプリントスクリーン([Win] + [Shift] + [S])を行うと、赤い線を維持したまま、キャプチャすることができるんです!!

ということは、前述したペイントやパワーポイントを開かずとも、赤い四角や矢印で簡易的な図を迅速に作成可能です!

 

この使い方は本当におススメです!

ZoomItのダウンロード方法や利用方法はこちらの記事にまとめていますので、是非ご覧ください。

ぜひお仕事で利用して、業務改善にお役だてください。

ではまた!

本日のAmazonおすすめ_Top10

2023-03-29 19:47:37時点