データベース | データベースからCSVデータをエクスポートする(PostgreSQL、MySQL、MSSQL)

データベース | データベースからCSVデータをエクスポートする(PostgreSQL、MySQL、MSSQL)

こんにちは!

今回は前回の記事とは逆に、データベースからCSVデータを「エクスポート」する方法を確認します。

出力データ

前回インポートで利用した「employeesテーブル」から出力を行います。

PosgreSQL

CSVの出力には「COPY」コマンドを使用します。

COPY employees TO '/tmp/output.csv' WITH CSV DELIMITER ',';

MySQL

MySQLの場合は「SELECT * INTO OUTFILE」で出力できます。

SELECT * INTO OUTFILE '/tmp/output.csv'
FIELDS TERMINATED BY ','
LINES TERMINATED BY '\n'
FROM employees;

MSSQL

MSSQLの場合、コマンドプロンプトから「bcp」コマンドを実行することで出力することができます。

もしくはSSMS(SQL Server Management Studio)のウィザードから出力することも可能です。

下表が CSVインポート/エクスポート可能なコマンドの対応表です。

A5SQL

エクスポートは、インポートに比べると少し手間だと分かりました。

こちらもA5SQLを使って、簡単に出力してみます。

1)データベース>一括エクスポート

CSV出力したいデータベースを選択し、データベース>一括エクスポートをクリックします。

2)出力したいテーブルを選択する

出力したいテーブルを選択します。複数選択も可能です。

出力先フォルダを指定し、「エクスポート」をクリックします。

非常に簡単にCSVファイルを生成することが出来たかと思います。

目的によって適宜使い分けると良いかと思います。

ではまた!