Outlook | 備品予約の仕組みを学ぼう

Outlook | 備品予約の仕組みを学ぼう

こんにちは!今回は「備品予約」の仕組みを見てみます。

前回の会議室予約と手順は一緒です。

備品の登録

今回は3種類の会議室を登録します。

会議室:社用車A(定員4)、社用車B(定員4)、社用車C(定員7)

1)Exchange 管理センター

管理センターにアクセスし、サイドバーの「リソース」をクリックします。

2)「+備品リソースを追加する」

備品を追加します。

会議室名の入力

プロパティの設定

代理人予約の設定

予約代理人は自動で回答するように設定します

登録後は以下のようになります。

これで準備完了です。

実際に使ってみる

Desktop上のOutlookを開き、会議室を予約してみましょう。

1)予定表>新しい会議

予定表を開き、左上の「新しい会議」をクリックします。

2)ちょっと癖あり… 備品は人と同様の選択を

備品は会議室のような選択欄はありません。

どうするかというと、必須/任意のユーザ選択欄で備品を選ぶことになります。

以下のようにグローバルアドレス一覧に備品が表示されますので、そちらを選択します。

場所を選択しない場合(とりあえず備品だけを借りたい)場合は、以下の通知は無視してOKです。

送信完了後、以下のような通知が飛びます。

このようにしてOutlookで備品予約を行うことができます。

ちょっと癖があるので、社内展開時には事前に周知することが必要そうですね。

勉強になりました。

ではまた!

本日のAmazonおすすめ_Top10

2024-02-27 09:58:21時点