【rem】コマンドの使い方~Windwos コマンドプロンプトのバッチ作成~

【rem】コマンドの使い方~Windwos コマンドプロンプトのバッチ作成~

みなさん、こんにちは!

本日は【rem】コマンドの使い方をご紹介します。

コマンドプロンプト用のバッチ作成時には、必要不可欠なコマンドの一つですので、是非覚えてください。

remコマンドの使い方

試しにコマンドプロンプトに以下の様に入力してみましょう。

rem test

なにも表示されませんね。。。

こういう時は、helpコマンドを使って使い方を調べてみましょう。

help rem

remコマンドはバッチファイルまたはConfig.sysにコメント(注釈)を記録するもの、と紹介されています。

ですので、remコマンドを実行したところで何も起こりません。

remコマンドの使い道

何も起こらないのに何のためにあるの??と気になる方もいらっしゃるかと思います。

コーディングをしていると、「このプログラムは何の処理だったっけ?」と思い返す場面が何度も出てきます。

過去のプログラムを見たり、ほかの方にプログラムを確認してもらう時など、コメントを記載していれば、読み手に取って伝わるプログラムになりますよね

バッチを作成するときは、是非remコマンドを活用して、伝わりやすいプログラム作成を心掛けましょう!

まとめ

本日はremコマンドの使い方についてご紹介しました。

コメントアウトを活用して、伝わりやすいプログラムを作っていきましょう!

ではまた!